天草観光 sightseeing

天草観光マップ 茂串海水浴場 崎津天主堂 崎津天主堂とその町並みは、今年の7月に「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として 世界遺産国内候補として来年ユネスコに申請することが決定しております。それをクリアしましたらいよいよ世界遺産として登録されます。 天草ロザリオ館 大江天主堂 上田家資料館 天草の古文書と古高浜焼の資料館。「上田家」は、340年前から代々高浜庄屋をつとめた天草の旧家の一つであり15代上田萬寿氏の意向により数百年の遺産が一般公開することとなった。
県指定有形文化財をはじめ、古高浜焼が展示してある。国の有形文化財に主屋、離座敷、表玄関、正門、裏門・塀が登録。主屋は江戸後期、その他は明治期に建築され、主屋は木造瓦ぶき平屋建て、外壁がしっくい塗りとなっている。離座敷には与謝野鉄幹、晶子夫妻が宿泊した。</br></br>

名前
上田資料館(うえだしりょうかん)</br>

連絡先</br>
TEL.0969-42-1115(高浜焼寿芳窯)</br>
FAX.0969-42-0640</br>
所在地	【天草市天草エリア】</br>
天草市天草町高浜南598</br>
営業時間</br>	
・営業時間
  9:00~17:00</br>
・休館日
  毎週月曜、8/14・15、12/31~1/3 白鶴海水浴場 十三仏公園 北に妙見浦、南に白鶴浜海水浴場を望む西海岸の景勝ポイント。与謝野鉄幹(天草の十三仏のやまに見る 海の入日とむらさきの波)・晶子(天草の西高浜のしろき磯 江蘇省より秋風ぞふく)夫妻の歌碑もある。
春には桜を観賞できる。また、白鶴浜を赤く染める夕日を眺むことができる。日本の夕陽百選の一つ</br></br>
名前 十三仏公園(じゅうさんぶつこうえん)</br>

連絡先 TEL.0969-22-2243(天草宝島観光協会) FAX.0969-22-2390</br>
所在地	【天草市天草エリア】</br>
天草市天草町高浜北 下田温泉。ふれあい館ぷらっと、下田温泉五足の湯。 富岡ビジターセンター。天草の海と人々の生活をテーマに立体映像や展示で紹介しています。また、雲仙の山々を一望できます。 富岡曲崎。典型的な砂嘴が美しい入江です。 おっぱい岩 イルカウォッチング イルカウォッチングは、100%近い確率で見ることが出来ます。 江戸時代から200頭ほど住みついているミナミハンドウイルカです。 長い間ひとつの場所に生息することは、世界的にも珍しく、それだけ餌が豊富にあるということです。 天草空港 東向寺 西の久保公園 里山の棚田を利用した全国的にも珍しい菖蒲園。6月にはハナショウブ、アヤメ19種と、園路沿いの6千株のあじさいが見頃。
   また、花しょうぶの時期に合わせて毎年花しょうぶ祭りが開催される。</br>
花 公園</br></br>

名前
西の久保公園・菖蒲(にしのくぼこうえん)</br>

連絡先
TEL.0969-23-1111(天草市都市計画課) FAX.0969-24-4266</br>

所在地
【本渡エリア】</br>
天草市本渡町本戸馬場 西の久保公園
鈴木神社 天草島原の乱後の天草復興に力を注いだ初代代官鈴木重成公、兄の鈴木正三和尚、息子の二代目代官鈴木重辰公を祀る神社。
境内には、重成公の遺髪塚や、本渡市指定文化財鈴木明神伝碑がある。</br>
歴史名所 歴史施設</br></br>

名前
鈴木神社(すずきじんじゃ)</br>

連絡先
TEL.0969-23-3249 FAX.0969-23-3249

所在地
【本渡エリア】
天草市本町本681 天草キリシタン館 天草島原の乱で使用された武器や国指定重要文化財の天草四郎陣中旗、キリシタン弾圧期の踏み絵、隠れキリシタンの生活が偲ばれるマリア観音など、約200点が展示されます。
   4つのゾーン(天草キリシタン史、南蛮文化の伝来と天草、天草島原の乱、乱後の天草復興とキリシタン信仰)に分け、解りやすく解説。
体験・見学 歴史施設</br></br>

天草キリシタン館(あまくさきりしたんかん)</br>

連絡先
TEL.0969-22-3845 FAX.0969-22-3845

所在地
【本渡エリア】</br>
天草市船之尾町19-52(殉教公園内)</br>

営業時間</br>
・開館時間
    8:30~18:00</br>
・休館日
    12/30~1/1</br>

料金
一般300円、高校生200円、小中学生150円
  団体割引は20人以上で2割引
十万山公園 標高220mの山頂には展望台があり、本渡市街地を一望できるほか、北は雲仙普賢岳、南は不知火海に浮かぶ島々の眺望が楽しめます。
その他の遊ぶ 景勝地</br></br>

名前
十万山(じゅうまんやま)</br>

連絡先</br>
TEL.0969-23-1111(天草市都市計画課) </br>

所在地
【本渡エリア】</br>
天草市本渡町本渡1414-1
延慶寺兜梅 天正年間(16世紀後半)の天草の合戦で、武将木山弾正の妻、お京が鎧兜を身にまとい敵陣の中に割って入った時、兜の緒がこの臥龍梅にからまり討ち取られたため、「花は咲けども実は成らせまじ」と怨念を木にこめたといういわれのある、樹齢500年以上の梅の古木です。未だに実はつかないとか。花の見ごろは2月下旬から3月上旬。
花 歴史名所 歴史施設</br></br>

名前</br>
延慶寺の兜梅(えんけいじのかぶとうめ)</br>

連絡先</br>
TEL.0969-22-3365(延慶寺)</br>FAX.0969-22-1679</br>

所在地
【本渡エリア】
天草市浜崎町9-32 祇園橋 石造桁橋では国内最大級、しかも全国的にもまれな「多脚式」ということで、国の重要文化財に指定されている。柱状の石を組み合わせた素朴なつくりで、橋脚は水切りのための三角形の流線型になっている。長さ28.6m、幅3.3m。約30㎝の角柱の45本に支えられている。
   寛永14年、天草・島原の乱で町山口川を挟んでキリシタン軍と唐津藩との死闘が繰り広げられた。川原を埋め尽くした屍を弔うように橋の近くには橋本徳壽の歌碑が立っている。
歴史名所 歴史施設</br></br>

名前</br>
祇園橋(国指定重要文化財)</br>
(ぎおんばし(くにしていじゅうようぶんかざい))</br>

連絡先
TEL.0969-23-1111(天草市観光振興課) FAX.0969-23-1999</br>

所在地
【本渡エリア】
天草市船之尾町 町山口川
天草市立本渡歴史民俗資料館 本渡市街地北部にある県指定遺跡「妻の鼻墳墓群」から出土した勾玉や鉄剣などの古代遺物から江戸時代の古文書、さらには民具や民芸品などの民俗資料約2,000点を収めた、天草の古代からの歴史の流れを知ることができる資料館。</br>
体験・見学 歴史施設</br></br>

名前</br> 本渡歴史民俗資料館</br>
(ほんどれきしみんぞくしりょうかん)</br>

連絡先</br>
TEL.0969-23-5353 FAX.0969-23-5353</br>

所在地
【本渡エリア】
天草市今釜新町3706</br>

営業時間</br>
・開館時間
    8:30~17:00(最終入館16:30)</br>
・休館日
    毎週月曜日(祝日の時は翌日)</br>
12月29日~1月3日

料金無料 天草とれたて市場 天草一円から新鮮な農産物が勢揃い!店舗で精米するつきたての天草米や加工グループの農産加工品も自慢です。天草黒牛や天草豚も絶品。「旬の自然をまるかじり!!」</br>
物産館</br></br>

名前</br>
(株)JA直売天草「天草とれたて市場」</br>
(あまくさとれたていちば)</br>

連絡先
TEL.0969-32-6888 FAX.0969-32-6889</br>

所在地
【本渡エリア】
天草市瀬戸町2ー1</br>

営業時間</br>
・営業時間
    9:00~18:00</br>
・休日
    1/1・2 天草宝島国際交流会館ポルト</br> 名前</br>
一般社団法人天草宝島観光協会</br>
(いっぱんしゃだんほうじんあまくさたからじまかんこうきょうかい)</br>

連絡先
TEL.0969-22-2243 FAX.0969-22-2390

所在地
【本渡エリア】
天草市中央新町15-7(天草宝島国際交流会館ポルト内)</br>

営業時間</br>
・営業時間
    9:00~18:00</br>
・定休日
    年末年始</br>

アクセス</br>
・熊本市から車で2時間10分</br>
・九州自動車道松橋ICから車で1時間50分</br>
・天草空港から車で25分</br>

駐車場</br>
諏訪神社裏の駐車場(普通車30台)</br>
ポルトまで歩いて5分以内</br>

ホームページ
http://www.t-island.jp 竜洞山。360度の展望。竜洞山みどりの村。バンガローやオートキャンプ場があり森林浴が楽しめます。 ハイヤ大橋とうしぶか海彩館 道の駅リップルランド</br>
道の駅 リップルランド{観光案内所}</br>

リップルランドは、天草市の玄関口である有明町に位置し、連日多くの観光客で賑わっている。
   施設内には物産館やレストラン、シンボルタワー、アスレチックなどの施設がある他、天草の物産品や地元の農林水産物が所狭しと並んでいる。有明町の特産「タコ」を使った名物「タコすてーき(真空パック)」や、ご飯に混ぜるだけの「タコめしgoo」など、タコを使った商品が目白押し。
   併設のレストランでは、3種類のタコ丼(タコ天丼・タコチリ丼・酢ダコ丼)やタコカレー、タコピラフなどのタコ料理を味わえるほか、フードコート「リップルカフェTACO家」では地ダコを使った「たこたこ焼き」や地元産デコポンを使った「デコポンソフト」「デコポンシャーベット」なども味わえる。
物産館</br></br>

名前
道の駅有明「リップルランド」(観光案内所)</br>
(みちのえきありあけ「りっぷるらんど」)</br>

連絡先
TEL.0969-53-1565 FAX.0969-53-1567</br>

所在地</br>
【天草市有明エリア】
天草市有明町上津浦1955</br>


【物産館】</br>
・営業時間
    9:00~18:00</br>
    特別営業日1月1日(元旦)
    年中無休</br>
  【温泉】</br>
・営業時間
    10:00~21:30(受付21:00まで)
    ※温泉は第2水曜日が休館(祝日の場合は翌日)
ありあけタコ入道 有明タコ入道

リップルランド前の海岸に平成17年10月18日完成した「タコのオブジェ」。有明町では平成16年度から商工会を中心に「タコによるまちづくり」を進めている。
   その一環として、巨大タコのモニュメントを製作。制作者は御所浦町の造船業「アクアマリンまつなが」の松永英也さん。タコの足に入って写真撮影ができるなど、新たな観光スポットとして、人気を呼んでいる。</br>
その他の観る</br></br>

名前
ありあけタコ入道(ありあけたこにゅうどう)</br>

連絡先
TEL.0969-53-1111(天草市有明支所産業建設係) FAX.0969-53-1116</br>

所在地
【天草市有明エリア】</br>

天草市有明町上津浦(リップルランドモニュメント広場内)
サンタマリア館 かつて東洋と西洋の接点としてキリシタン文化の華が咲き乱れた天草も、やがて苦難の時代へ。このサンタマリア館には、キリシタン衰史を物語る数々の資料が展示され、訪れた人々を昔日へと誘う。
   2Fには、日本中のめずらしい徳利(600本)や、天草土(どろ)人形が展示されている。</br>
体験・見学 歴史施設</br></br>
名前
サンタマリア館(さんたまりあかん)</br>

連絡先
TEL.0969-45-8110 </br>

所在地
【天草市有明エリア】</br>
〒861-7311
天草市有明町上津浦美ノ越1940-1

営業時間</br>
9:00~18:00(12月~3月までは9:00~17:00)
  定休日:年中無休

料金
大人500円 中高生300円 小学生100円 団体割引10%引き(20名以上)
わくわく海中水族館シードーナツ 東西50m、南北に34m、重量は3,200t。この巨大なドーナツ型の水族館が松島の海に浮かんでいる。中には7大陸のゾーンがあり世界の色々な魚が見れる。窓からは自然の岩船で遊ぶ魚の群れやサンゴの仲間など手にとるよう見られる。世界で初めて海に浮かぶ水族館。
   平成20年よりオープンした夜陰(ナイト)水族館。海中電灯で探検する夜の水族館とウミホタルの海一面に自然発光する光のページェント。天草、シードーナツの新しい顔として、人気急上昇!(週末中心に開催、要予約)</br>
体験・見学 観光施設</br></br>

名前
わくわく海中水族館シードーナツ</br>
(わくわくかいちゅうすいぞくかんしーどーなつ)</br>

連絡先
TEL.0969-56-2570 FAX.0969-56-2737</br>

所在地
【上天草市松島エリア】</br>
上天草市松島町合津6225-7</br>

営業時間
・営業時間
    9:00~17:00
・無休</br>

料金
大人1,300円
  中高生800円
  小学生500円
  3歳以上400円
上天草物産館さんぱーる 上天草市の新鮮な農産物と海産物を豊富に揃えた直売所と海鮮料理を中心にしたレストランからなる。
   ちょっぴり甘いヘルシーなかんちょそば(かんちょとはサツマイモのこと)もある。</br>
物産館</br></br>


名前
上天草物産館さんぱーる</br>
(かみあまくさぶっさんかんさんぱーる)</br>

連絡先
TEL.0964-58-5600 FAX.0964-58-5602</br>

所在地
【上天草市大矢野エリア】</br>
上天草市大矢野町中11582-24</br>

営業時間</br>
・営業時間
    直売所 7:00~18:00
  レストラン 9:00~18:00
  12/31は7:00~17:00、1/2・3は9:00~17:00
・定休日
    第2・第4火曜日、1/1、8月第4火曜日、12月第2火曜日 三角西港。三角築港記念館、ムルドルハウス。海技学院、石積埠頭、法の館、伝統工芸館、旧郡役所など、往事をしのばせる風景が・・・ 龍ヶ岳。龍ヶ岳山頂にはミューイ天文台やバンガローなどがあります。展望台からは阿蘇や雲仙、霧島までが一望のもとです。

このページの先頭へ戻る▲